無料の精子バンク
聖なる鐘

匿名のまま精子を受けとれる無料の精子バンク

提供可能地域は関西です。詳しくは「精子提供の注意事項」と「お申し込み方法」をご覧ください。
シングルマザーやGID(性同一性障害)、男性不妊で第3者の精子を希望されるカップルなどのご期待に応えられるように活動しています。限定しておりませんので気になる方は何でもご相談ください。

お問い合わせ先
新規受け付け中止中

祝!妊娠のご連絡をいただきました 

後継続中の方からお喜びのご連絡をいただきました。
無事のご出産とお子様の健やかなご成長をお祈りしています。

選択的シングルマザー

ITの発達した現在ではセックスの相手自体は見つかるかもしれませんが、セックスなしで精子だけ欲しい場合は著しく選択肢が少なくなります。有料精子バンクを利用すれば選ぶことはできますが、費用の面はご負担が大きいと思います。精子バンク「聖なる鐘」では、実費のみで済みますし精子提供者と実際にあって雰囲気も確認できます。もちろん、好みが合わない等の理由でお断りいただいてもかまいません。なにより、セックスを必須と考えなくてよくなります。

キャリアアップを目指し配偶者に縛られず仕事に集中したい人、結婚したものの結婚生活が続けられず離婚を余儀なくされた人、DV等の経験から男性パートナーを持つこと自体が苦痛な人にとって、結婚自体が大きなハードルになる場合があります。ところが、病院は、未婚者への精子提供を断る場合もあります。結婚せずに子供が欲しい人のために精子バンク「聖なる鐘」は活動を続けています。

女性の年齢と妊娠しやすさには明確な関係があります。精子バンク「聖なる鐘」の活動があなたの一助になれば幸いです。

お問い合わせは、仮名やフリーメールでかまいません。携帯電話の方は、gmail.com(Gメール)からのメールを受信できるように設定をご確認ください。

一覧へ戻る

男性不妊のカップル

不妊治療がうまくいかなかった場合、非配偶者間人工授精(AID)も選択肢として検討されますが、実際に受けられる医療機関はわずかなようです。当然、精子を選択する権利もありませんし、精子提供者と会うことすら出来ません。最終的な治療法ですので、数々の検査や治療を経てはじめて候補にあがります。それまでに費やす時間や検査・治療費は相当なものだそうです。

有料精子バンクは、精子提供者を選択できますが海外がゆえに渡航費用なども含めると金銭的な負担がネックです。そもそも、フルタイムで働いている場合は時間的な余裕すらありません。

精子バンク「聖なる鐘」では会って雰囲気も確認できます。フィーリングが会わない場合はお断り頂いてもかまいません。また、実費のみで精子提供を受けられます。もし、何か疑問があれば何でもメールでお問い合わせください。

お問い合わせは、仮名やフリーメールでかまいません。携帯電話の方は、gmail.com(Gメール)からのメールを受信できるように設定をご確認ください。

一覧へ戻る

GIDカップル

性同一性障害(GID)で性別を女性から男性に変更された人が養子以外の方法でお子様をもつには、第三者から精子を提供してもらいパートナー女性が人工授精を試みるしかありません。

日本産科婦人科学会は平成18年、妊娠の可能性がない夫婦、又は非配偶者間人工授精(AID)以外の方法がない夫婦に限り実施を認めるとの見解を出しています。そのため、法的に夫婦となっていればAIDによりお子様を持つことが一応は可能にはなっています。病院が非協力的、精子提供者が不足している、精子提供者を選べないなどの理由で躊躇されている方の力になればと思い、精子バンク「聖なる鐘」でも精子提供を行っています。

お生まれになったお子様は父親が不明として扱われます。しかし、特別養子縁組などGIDカップルと戸籍上の親子関係を認める制度もあります。もし、何か疑問があれば何でもメールでお問い合わせください。

お問い合わせは、仮名やフリーメールでかまいません。携帯電話の方は、gmail.com(Gメール)からのメールを受信できるように設定をご確認ください。

一覧へ戻る

レズビアンカップル

第三者から精子を提供してもらい人工授精を試みる非配偶者間人工授精(AID)を病院は断るかもしれません。また、ITの発達した現在でも精子のみ入手するのは難しいと思います。

精子バンク「聖なる鐘」では、精子を容器にいれてお渡ししますのでセックスは不要です。精子提供者と実際にあって雰囲気も確認できますし、好みが合わない等の理由でお断りいただいてもかまいません。カップルの双方が交互に出産を目指される場合、又は2人以上のお子様を望まれる場合は、同じ精子提供者の精子を利用することでお子様の間に血縁関係が生まれます。この点は、精子バンク「聖なる鐘」を利用される場合の利点かと思います。もし、何か疑問があれば何でもメールでお問い合わせください。

お問い合わせは、仮名やフリーメールでかまいません。携帯電話の方は、gmail.com(Gメール)からのメールを受信できるように設定をご確認ください。

一覧へ戻る