無料の精子バンク
聖なる鐘

匿名のまま精子を受けとれる無料の精子バンク

提供可能地域は関西です。詳しくは「精子提供の注意事項」と「お申し込み方法」をご覧ください。
シングルマザーやGID(性同一性障害)、男性不妊で第3者の精子を希望されるカップルなどのご期待に応えられるように活動しています。限定しておりませんので気になる方は何でもご相談ください。

お問い合わせ先
新規受け付け中止中

祝!妊娠のご連絡をいただきました 

後継続中の方からお喜びのご連絡をいただきました。
無事のご出産とお子様の健やかなご成長をお祈りしています。

聖なる鐘について

精子バンクに頼らざるをえない方々の一助となればとの思いから設立した無料の精子バンクです。

  1. 結婚を躊躇したり拒否感を感じた女性
  2. 男性不妊のため第3者に協力してもらってでも子供が欲しいご夫婦
  3. 病院が協力的でないために精子提供を受けられない人々

いろいろと辛い思いをされている方がいらっしゃるのを知りました。「妊娠したい・子供が欲しい」という素朴な願いは諦めないといけないものなのでしょうか?基本的な運営方針は、骨髄バンクの精子版と捉えています。セックス目的と勘違いされる人もいらっしゃいますが、セックスでの精子提供を一切行っていません。

精子自体はもちろん無料です。また、謝礼なども辞退させていただいています。精子ドナーの活動拠点近辺の商業施設で、精子のお受け取りのみをされる場合は、まったく費用がかかりません。それ以外の場所や、面談、特別のご依頼事(再検査など)をご希望される場合は、実費(交通費、面談費用、希望されれば検査費用)のみをご負担いただいています。最初に面談をされたり、受け渡し場所をお好みの場所に変更したいために電車代をご負担いただいている方がほとんどです。精子ドナーの奉仕精神で成り立っているボランティア活動です。

匿名を基本にしていますので、素性を詮索することは一切ありません。一度もお会いすることなくメールのみのやりとりで精子を受けとることもできます。

一覧へ戻る

提供者のプロフィール

登録名
やまね
学歴
国立大学大学院(理系)の専攻を修了
年齢
30代
住所
大阪府
活動拠点
京都駅
体重
55Kg
身長
171cm
血液型
A型(AO型)
喫煙
吸いません
病歴
祖父、両親、兄弟ともに先天性の病気はありません。
体質
お酒は強くもなく弱くもありません。
筋肉質ではありませんが、持久力はある方だとおもいます。
その他
主に平日午前にご提供可能です。
登録名
ダディ
学歴
大阪大学大学院(理系)の専攻を修了
年齢
40代
住所
兵庫県
活動拠点
大阪駅
体重
70Kg
身長
172cm
子供
わが家・・・4人
血液型
A型(AO型)
喫煙
吸いません
仕事
上場企業の研究所勤務を経て親の面倒をみるため地元に戻ってきています。
病歴
祖父母及び、両親、兄弟、実子も含めて先天性の病気はありません。
体質
やせやすい体質、お酒は強くもなく弱くもなく、花粉症体質です。
その他
主に平日夜間にご提供可能です。

現在、ドナーは2名です。登録者はこちらに順次掲載させていただきます。

一覧へ戻る

提供する精子について

精液検査を定期的(1年に1回)に受けています。2016年は11月に検査を受け、ドナーとしての資質を問題なく有していることを確認しました。十分に妊娠にできる精子だと医師からコメントも紹介させていただきます。

新ドナーのやまねさんは、お若いこともあり良好な状態の精子を提供頂けることになりました。

性感染症検査を定期的(1年に1回)に受けることを基本方針にしています。ただし、1年回を通して誰とも性交渉がなかった場合は検査を省略しています。2015年は11月に検査を受けて、昨年に引き続き陰性を確認しています。新たに登録されるドナーについても同様の方針で臨んでいます。性感染症に関しては性感染症への対応をご覧ください。

▲性感染症への対応 一覧へ戻る

ドナー登録の状況

現在、ドナーは運営者の他に1名が活動しています。精子提供を求められる利用者の選択肢を増やすためにもドナー数の充実は大変大切なことだと思います。しかし、精液検査、性感染症検査といった重要な検査を自己負担で行っていただけなければいけないことがネックとなっているようです。公的私的を問わず援助を受けられるようになればドナーへの負担が減るのではないかと思うのですが現実は厳しいですね。ドナーになって活動したいと思われる方は、ぜひ、精子提供者募集もご覧ください。

▲精子提供者募集 一覧へ戻る

精子提供の実績

精子バンクを利用してご出産された方(掲載の了承をいただいた方のみ)。その他に妊娠中の方がいらっしゃいます。
なお、ドナー自身は4人の子を養育しています。

一覧へ戻る